電話占いをする前の心構えについて

占いは当たる・当たらないではなく良きアドバイスと心得よう

電話占いについて、的中率を気にする人もいますが、そもそも占いというものは 当たる・当たらないということが重要なのではなく、その人にとって今後の人生により良い方向に行くために、指針を示してくれるものです。 占いの的中率が高い、低いといった問題はまったく関係なく、まずは占い師の話に素直な気持ちで耳を傾けてみましょう。ひねくれた心や物事を損得で考えるなど、ネガティブな感情のままでいては、せっかくの良い運気も逃がしてしまいますよね。 占いの的中率などを一切気にすることなく、占いはその人にとっての良きアドバイスをしてもらい、今後の人生に良いヒントを得ることだと考えてはいかがでしょうか。 占いの内容によっては、良い結果が出ることもあればあまり良くない結果が出る場合もありますが、まずは占い師の診断結果を真摯に受け止めて、素直な気持ちで受け入れましょう。

電話占いで良い結果が出た時の心構え

仕事運や商売運について電話占いをしてもらう人もいますが、そのような人はお金に関する悩みを抱える人が多いようです。たとえば、「自営業をしていて売上が伸びない。集客数が増えない。」といった悩みを抱えている人が、占い師に相談して鑑定してもらったところ、良いアドバイスをしてもらい、その後は集客数が増えて安定した収入が得られるようになり、良い方に向かっていくのは素晴らしいことです。 しかし、良いことばかりが続くと、ともすれば慢心になり、「電話占いをしたからお金が入ってくるようになった。」と思い込む人もいるようです。そのように慢心になる時がいちばん危いのです。電話占いで良い結果が出て、より良い方に向かったとしても、けっしておごり高ぶることなく、感謝の気持ちと謙虚さを忘れずにいたいものです。

電話占いで悪い結果が出た時の心構え

電話占いでは必ずしも良い結果が出るとは限らず、その時の状況などによっては悪い結果が出る可能性もあります。中には、その結果を受け入れることができずに、「他の占い師に見てもらったら良い結果が出るかもしれない。」と期待して、別の占い師に見てもらう人もいますが、案の定その占い師の鑑定結果もあまり良くない場合、落ち込んでしまう人もいるようです。 占いの結果の善し悪しにについてあまり深く考えないで、それよりも占い師のアドバイスをきちんとメモしておきましょう。電話占いで悪い結果が出ると、「私の今後の人生は、あまり希望が持てないのかもしれない。」とそこまで落ち込む人もいるようですが、そこまで深く考える必要はありません。 また、そのようなタイプの人は、もともとネガティブな感情が強いようなので、まずはそこから変えて行った方が、今後の人生をより明るく希望が持てるようになることでしょう。 電話占いに限らず、チャット占いや対面の占い、メール占いなどいろんな占いがありますが、ピュアな気持ちで占い師の話を素直に受け入れること、そこから自分が変わっていく努力をすれば、自然に良い運気がついてくるというものです。

スポンサードリンク
電話占いをする前の心構えについて