電話占いの前に! 最低限これだけは知っておきたい専門用語について

電話占いを100倍楽しむためにこれだけは押さえておこう

電話占いなどの占いの世界では、独特の専門用語がいくつかあるのですが、ここでは最低限これだけは知っておきたい占い用語について、いくつかご紹介したいと思います。 とくに電話占いでは、占い師さんと直接会話をするので、その中でもしかしたらわからない言葉が出てくるかもしれませんね。 そんな時に、その都度占い師さんに質問して説明してもらっても良いのですが、その分会話をする時間が長引いてしまい、料金が高くついてしまうこともあるので、ある程度の占い用語はしっかり押さえておくと良いですね。

波動修正ってどんな意味?

占いやスピリチュアルな世界では、波動という言葉が頻繁に使われるようです。波動とは簡単に言えば、エネルギーのことを指しており、占い師によっては「あなたの波動の乱れを修正しましょう」と言うこともあるようです。 そのようなことを占い師から突然言われても、「えっ、何のこと?」と思い、ちょっとびっくりしますよね。占い師さんから見れば、占いの対象となる人の生命エネルギーについて鑑定したところ、乱れが生じているので、それを良い方向に導くことを「修正する」といった言葉で表現しています。 タロット占いや星占いなどの占いでは、このような発言をする占い師はあまり見かけませんが、霊感が強い占い師やスピリチュアル系の占い師には、このような言動がみられることがあるようです。

霊感と霊視について

電話占いサイトに在籍するすべての占い師が、必ずしも霊感が強く霊視をするというわけではありませんが、中には強い霊感を持ち、霊視をする占い師さんもいるようです。 「あの人は霊感が強い。」といった表現をよくしますが、そもそも霊感とは霊的なものを読み取る力のことを言い、霊感が強い人は直感力が強いとも言われていますね。 霊視とは、霊的な観点からものを見ることであり、自分の肉眼でものを見るのとは、まったく違います。 本来、わたしたち人間は嗅覚・味覚・触覚・視覚・聴覚といった五感が備わっていますが、これには当てはまらない第六感は、直感力だと言われています。占い師の多くは、第六感が優れていると言われていますね。

寄り添い系の占いについて

「あの占い師さんは、寄り添い系だから安心感がある。」といった言い方をしますが、その人が抱えている苦しみや悩みをしっかりと理解してくれて、相談者の立場になって親身になってくれる占い師さんのタイプ、または占いのスタイルのことを寄り添い系といった呼び方をすることがあります。 寄り添い系の占い師は、ある特定のジャンルの占いに限って存在するのではなく、占い師の相談者へのアドバイスの仕方、話の聞き方について、人それぞれさまざまな違いがあります。寄り添い系の占い師は、カウンセリング的な要素をもっているので、相談しやすいですね。安心して何でも話せるという安心感から、寄り添い系の占い師はリピーターが多いとも言われています。 しかし、何度も同じ占い師さんに話を聞いてもらうことで、ともすればカウンセリング中心になってしまう可能性もありますので、占いは未来をより明るい方向へ導くためのものであり、そのために占い師からアドバイスをしてもらうということをしっかり自覚しておきたいものです。

チャネリングとは?

占いやスピリチュアルの世界では、よくチャネリングという言葉が使われていますが、チャネリングとはごく身近に存在する人との会話ではなく、普段コミュニケーションができないような高次元の存在である人とコンタクトをとり、会話をすること、そのような特殊な能力を活かして、そこから発せられたメッセージを人に伝えることを言います。 そのような特殊な力を持った人のことをチャネラーと言います。

スポンサードリンク
電話占いの前に! 最低限これだけは知っておきたい専門用語について